鋼鉄的

台湾、中国、香港のお話

岡山

岡山の白桃と中国・青島の桃。その品質の差はまさに月とスッポン

投稿日:2003-08-08 更新日:

岡山の実家が白桃を送ってくれた。
岡山が誇れるものといえば、桃・マスカット・備前焼しか
ないので、さすがに岡山の桃を冷やして食べると
かなりうまい。 しかし、岡山の桃がうまいと知ったのが
中国で桃を食べてからだとは、、

僕の実家は岡山市の郊外の桃畑に囲まれた新興住宅地であり
四月になると桃が一斉に咲いて、まさに桃源郷だった。
しかも母親が塾をやっていたので、農家の子供から
よくちょっとばかし瑕がついたため商品にならなくなった
桃やマスカットを貰っていた。
この時期になると毎日食卓に桃が並び、
「また桃かよ!」とまことに贅沢なツッコミをしていた。

だから桃というのは僕の中では「無料でもらえるもの」であり、
そこら中にありふれたものだった。
ちょっと傷むと、カブトムシの餌にしていたくらい。
(カブトムシが街灯の下に時々いるのも今考えると変)

大学に入って岡山から離れて、友人が
「岡山の桃って、ほんとにウマイヨナ」といっても
「そう?(物好きもいるもんだ)」と思った。

しかし去年中国の青島に行ったとき食べた桃が、ものすごく硬くて
(硬度はリンゴ並)、あんまり甘くなかったため
岡山の桃がどれだけうまかったのかが20年ぶりに分かった。
中国は果物もべらぼうに安いので、いろいろ食べたが
やはり日本の果物は研究され尽くしていて、本当においしい。
近頃、中国の金持ちが日本の果物を輸入して食べていると
いうニュースがあったが、当然のことだろう。
果物業界も中国に本格的に展開すればいいのに。

スポンサーリンク

近くに住んでる中国人の友達に桃をおすそ分けしたが
ものすごく喜んでいた。あれだけ喜ばれると
「岡山もすてたもんじゃないな」と思う。

白桃入りきびだんご 15個入り

白桃入りきびだんご 15個入り

岡山は四国と本州のつなぎ目にあって、新幹線も必ず止まる
ので、そこそこ発展しているが、市長が
「岡山は中継都市です!!」と言い切ってしまうところに
やるせなさと自信のなさを感じる。

-岡山

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.