「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

岡山

岡山県立美術館「斉藤真一 さすらい」展を見た。

投稿日:2003-10-13 更新日:

二ヶ月ぶりくらいに、岡山県立美術館の
常設点を見ようと思っていったら、「斉藤真一 さすらい展」も
開催していたので、ついでに入ってみることにした。

斎藤真一の世界―さすらいの画家 (岡山文庫 199)

斎藤真一の世界―さすらいの画家 (岡山文庫 199)

まず常設展を回る。ちょっと前まで知らなかったが
一ヶ月に一回くらい細かな作品の入れ替えをしていたらしい。
県立だけあって、入館料がべらぼうに安い(300円)なので
毎月行ってみたいと思っている。

今月の常設展の見所は、雪舟の影響を受けた人たちの作品
狩野探幽とか、雪村とかいろいろ。
雪村の作品は雪舟の影響を受けているとは言っても独自の
境地を見出している。近代の抽象絵画にもつながる大胆な
構図はなかなか見ていて飽きない。10分くらい観たかな。

スポンサーリンク

ヒトラーはベルリンで日本展をしたとき雪村を絶賛したというが
抽象芸術を退廃芸術として焼き捨てたヒトラーには
似合わないエピソードだ。日本との仲を深くしようとした
政治的なパフォーマンスではないかと勘ぐってしまう。

ほかの画家たちは、雪舟の作品を純粋に模写したような
作品ばかりだった。模写ということで
正確さを出すためか、筆の勢いがなくて、なんだか
マジックで書いているような風合いになっていた。

だが、期待していた雪舟自身の作品は一枚もなし。
雪舟は岡山出身なので、県立美術館も雪舟の国宝絵画を何枚か
所蔵しているのに、一回も県立美術館で観た事はない。
多分ほかの美術館に高額で貸しているんじゃなかろうか。
岡山県の財政は破綻していて、少しでも金がほしいんだろうけど
「岡山県立美術館蔵」と本に紹介されている絵が、
とうの岡山県立美術館で観られないのは悲しいではないか。

「斉藤真一 さすらい展」は、ついでだったが
案外良かった。ルソーの影響を受けすぎて、狙いすぎだったけど
聾女のシリーズには感動。絵葉書を買おうと思ったが
やはり印刷になると全然色が違うので、買うのやめた。

-岡山

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.