台湾・中国・香港の話題

鋼鉄的

映画 要改稿

押井守監督の実写映画『アヴァロン』。ネットゲームで稼いで生活する未来を予想☆

投稿日:2004-02-16 更新日:

近所のホームセンターが改装するというので

売り尽くしセールをやっている。DVDも5割引という破格。

前から見たかった押井守の『アヴァロン』があったので買った。

アヴァロンは、限りなく現実に近いオンラインゲームの話。全編ポーランドロケ、ポーランド軍全面協力で戦車なんかがバンバン出てくる。

アヴァロンというゲームは、脳とコンピュータを直接有線で繋ぎ、ヴァーチャル感を強めるが、熱中しすぎてロスト・未帰還者=廃人を出してしまうとても危険なゲーム。

(脳とコンピュータを繋ぐというと、『マトリックス』を連想されるかもしれないが、押井のほうがさきに『攻殻機動隊』でやってるよ)

現在でも韓国や中国で、オンラインゲームのやりすぎで死ぬ人が

スポンサーリンク

出ているので、まんざらSFともいえないところがリアル。

アヴァロン [Blu-ray]

アヴァロン [Blu-ray]

主人公はこのゲームで稼いだ金で生活しているようだが、

実際、FF11のアイテムやアカウントなどはヤフーオークション

などで5万とかで売られているので、これも微妙に現実とリンクしているところが面白い。押井監督は、パチンコでメシが食えるのに、ゲームで食えないというのはおかしな話だと思いながら、4年前に『アヴァロン』を作ったらしい。

-映画, 要改稿

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.