台湾・中国・香港の話題

鋼鉄的

要改稿 読書ノート

玄侑宗久『中陰の花』感想

投稿日:2005-01-11 更新日:

「禅的生活」等の新書も活発に出している

現役臨済宗僧侶作家。

新興宗教や、いわゆる霊媒師・超能力という

あやしいものは普通仏教は敬遠し、無記するのが常套手段だが、

この人はそこに敢えて踏み込んだり量子力学を持ち込んだり

多角的な視点で仏教を捉えなおそうとしていると思う。

なんかオカルトめいているが、ユング心理学に通ずるものがある

スポンサーリンク

(解説が河合隼雄氏であるし、氏自身も華厳教との関連に触れている)

中陰の花 (文春文庫)

中陰の花 (文春文庫)

この直木賞を取った表題作よりも、「朝顔の花」のほうが

数倍恐ろしく、人間の業と悲しさを淡々と描いていて面白いと思った。

-要改稿, 読書ノート

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.