「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

要改稿 読書ノート

重松清『疾走』感想。彼は自分の魂の苦しみにより光を見て満足する

投稿日:2005-06-16 更新日:

重松清氏の作品といえば『ビタミンF』や

『ナイフ』とか、悲惨さの中にも希望が見える

小説のイメージが強いが、この『疾走』は

表紙からして今までの重松清とは違うぞ、と感じさせる。

旧約聖書・『ヨブ記』『コヘレトの書』などが

随所で引用されているが、主人公シュウジも

ヨブのように次々と目を覆わんばかりの

不幸に襲われる。

いつでも自殺してやるぞ、と屈折しつつも

生きる主人公に、旧約聖書『イザヤ書』の

苦難の僕の詩を思いだした。

だれがわれわれの聞いたことを信じ得たか。主の腕は、だれにあらわれたか。

スポンサーリンク

彼は主の前に若木のように、かわいた土から出る根のように育った。彼にはわれわれの見るべき姿がなく、威厳もなく、われわれの慕うべき美しさもない。

彼は侮られて人に捨てられ、悲しみの人で、病を知っていた。また顔をおおって忌みきらわれる者のように、彼は侮られた。われわれも彼を尊ばなかった。

まことに彼はわれわれの病を負い、われわれの悲しみをになった。しかるに、われわれは思った、彼は打たれ、神にたたかれ、苦しめられたのだと。

しかし彼はわれわれのとがのために傷つけられ、われわれの不義のために砕かれたのだ。彼はみずから懲らしめをうけて、われわれに平安を与え、その打たれた傷によって、われわれはいやされたのだ。

われわれはみな羊のように迷って、おのおの自分の道に向かって行った。主はわれわれすべての者の不義を、彼の上におかれた。

彼はしえたげられ、苦しめられたけれども、口を開かなかった。ほふり場にひかれて行く小羊のように、また毛を切る者の前に黙っている羊のように、口を開かなかった。

彼は暴虐なさばきによって取り去られた。その代の人のうち、だれが思ったであろうか、彼はわが民のとがのために打たれて、生けるものの地から断たれたのだと。

彼は暴虐を行わず、その口には偽りがなかったけれども、その墓は悪しき者と共に設けられ、その塚は悪をなす者と共にあった。

しかも彼を砕くことは主のみ旨であり、主は彼を悩まされた。彼が自分を、とがの供え物となすとき、その子孫を見ることができ、その命をながくすることができる。かつ主のみ旨が彼の手によって栄える。

彼は自分の魂の苦しみにより光を見て満足する。義なるわがしもべはその知識によって、多くの人を義とし、また彼らの不義を負う。

それゆえ、わたしは彼に大いなる者と共に物を分かち取らせる。彼は強い者と共に獲物を分かち取る。これは彼が死にいたるまで、自分の魂をそそぎだし、とがある者と共に数えられたからである。しかも彼は多くの人の罪を負い、とがある者のためにとりなしをした。

-要改稿, 読書ノート

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.