「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

映画

映画『カンフーハッスル』周星馳監督・脚本・製作・主演のやり過ぎ映画

投稿日:2005-09-07 更新日:

カンフーハッスル コレクターズ・エディション

カンフーハッスル コレクターズ・エディション

少林サッカー』で日本でも大ブレイクしたチャウシンチーの

本格漫画的カンフーオタク映画。

ストーリーには御都合主義的な面が多いけど、

それを補って余りあるテンポの良さ。

チャウシンチーがアニマックスで受けていた

インタビューにて、「日本の漫画は良く観てリスペクトしているし、

影響も受けている」と語っていただけあって、最後のシーンなんか

本気でドラゴンボールZであった。

ハリウッドでドラゴンボールZを映画化との声があるらしいが、

できればチャウシンチーに作ってもらいたいと思う。

ただし、やはりジャッキーチェンの香港電影をリアルタイムで

観てきた世代(多分ブルースリー世代も)にとっては

ちょっとCGを使いすぎなのでは、と苦言を呈したくなってしまう。

ジャッキーの体を張ったアクション、ラストのNG集があってこそ

カンフー映画の醍醐味であると思う先達は私以外にも多いと思う。

しかし、DVDは新作でも本当に安くなった。アマゾンじゃ20%オフで

3000円程度で買えるモンナー。じゃCDはなぜまだ3000円もするのだろう。

-映画

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.