読書ノート

ササキバラゴウ『美少女の現代史』感想。戦いからフェードアウトする男たち

〈美少女〉の現代史――「萌え」とキャラクター

〈美少女〉の現代史――「萌え」とキャラクター

ササキバラ ゴウ

「何か」の為に戦うことによってしか生きれない男性。

その「何か」は戦前では「国家」であったり

戦後の安保闘争までは「イデオロギー」であった。

あしたのジョーでは「あした・輝かしい未来」であった。

しかし、そのどれもが崩れて根拠を失っていって、

70年代よりその「何か」に「女性」が

滑り込んでくる。しかし、デビルマンでは最終的に

美樹が狂った人間に虐殺されることによって

その戦う理由の「何か」を喪失してしまった後の

悲劇が描かれる。

女性の為に生きようとしても、女性が社会進出し

自立していく中、戦うこと・働くことに根拠を

見出せなくなった男が何と多いことか。

そして、「自分のため」に生きる猛き女性の

何と多いことか。

戦う根拠を失った男たちは、次第に戦いの場から

フェードアウトしていく。セーラームーンに始まり、

最近では舞HIMEなどがその典型で、戦うのは少女。

男は脇役である。

また、大切な「何か」を守るためならば

他のすべてを犠牲にしてもいいという

残虐性も暴いている。

男の弱さ、情けなさをこれでもかと見せ付けられる

ような分析が多くて身につまされる本だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-読書ノート