鋼鉄的

台湾、中国、香港のお話

映画

映画『明日の記憶』感想

投稿日:2006-05-30 更新日:

明日の記憶

明日の記憶

荻原 浩

月曜日からシネマとは何と優雅な、、と思いますが、

なぜかそこの映画館、月曜日は男性1000円!!

だから観客はほぼ男でしめられていました。

若年性アルツハイマーに罹り、記憶が抜け落ちて

人格が崩壊していく「精神の死」を淡々と描いていくんですが

渡辺謙、自身様々な病苦を経験してきただけあって

迫力が全然違います。

僕も、丁度一年前になりますけれども、

キャパ越えの仕事を何ヶ月も背負わされて、寝ても

脳ミソだけが休めずに、ずっと覚醒していて

不良キャッシュが溜まり過ぎて仮性的に認知症みたいに

なってたことがあるんで、他人事とは思えなくて

スポンサーリンク

いろんな事がフラッシュバックしてダメでした。

とにかくオープニングから最後まで5分ごとくらいに

ナミダが止まらなかったし、時々ムセて

「エホッ、グェホッ」と咳きして周りから

顰蹙買ったり、、

今も、シーンを思い出しただけでもうダメだ。

*アルツハイマー型認知症

平均発症年齢 52歳

記憶を司る「海馬」が萎縮。

高度の知能低下、人格崩壊。

平均7年で死亡。

発病⇒回復不能 エーザイより進行を遅らせる薬が発売中。

アルミニウムイオンが原因と考えられていたけど、今はほぼ否定されている。

イトイ新聞見て、行こうと決めました。

http://www.1101.com/ashitanokioku/index.html

-映画

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.