鋼鉄的

台湾、中国、香港のお話

日記

数学ってヤツぁ。

投稿日:2006-09-25 更新日:

ホーキング、未来を語る

ホーキング、未来を語る

スティーヴン ホーキング, Stephen Hawking, 佐藤 勝彦

ずっと昔、高校の頃から量子力学には興味持ってたんですよ。

でも数学?まで一応とったにも関わらず酷い数式アレルギなので

量子力学なんて夢のまた夢、相対性理論も分からん、

もう中学程度の数学すらわかりません。。

でも現代の知の体系において、科学・とりわけ物理学は

避けては通れないですよ。

知らなければ人生の何分の一かを損してしまう。

ハイゼンベルクの不確定性原理、

コペンハーゲン解釈の非局所性とか、

不思議でしょうがない。

そんな自分にうってつけだったのが、

ホーキング博士の「語る」シリーズ。

数式を1つ掲載するたびに、売上が半数墜ちるぞ!という

友人の至極もっともな意見を取り入れて、相対性理論のあの

スポンサーリンク

質量=エネルギという数式1つ載せるだけで

宇宙から未来から、バシバシかたれてしまうなんて、、

凡百の「何とかが分かる」シリーズを何冊も読むより

ホーキングの語りを聞いていたほうが何千倍も良い。

数学はいくつかの公理、演算の規則から出発するもので、

要するに内部矛盾性があればよい by朝永振一郎

ホーキングの宇宙の始まりと終りに虚時間を導入したのだって、

それが単にそっちの方が矛盾が無いということから、と。

世の中で一番論理的と思われる数学だって、

ゲーデルの不完全性定理から、真とも偽とも判断できないものだと

証明されてしまった。

ホーキング博士のお陰でもういちど数学に挑む気になれた。

最近ガイナックスの「トップをねらえ」の1と2を見たんだけど

量子力学と相対性理論知っておけば何倍も楽しめるとおもう。

相対論的宇宙論の多宇宙解釈とかも出てくる。

2はもうSFじゃなくて、ファンタジーだけどね。

-日記

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.