「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

音楽(メタル・ゴシック)

王道耽美派ゴシックメタル「Within Temptation」ゴスロリ少女は一聴の価値アリ!

投稿日:2008-04-16 更新日:

以前、ドライブのBGMにこのCDをかけていたら

ゴシック・ロリータファッションが好きな女の子が

いたく気に入って、このバンドのファンになった。

その子はメタルとかはあんまり聴かない人であったが。

オランダのゴシックメタルバンド、Within Temptation

この手のバンドでは珍しく、女性ボーカルのみで

男性のデスヴォイスは入ってない。

しかし、ギター・ドラム・ベースそれぞれの音が

かなり重いので充分に豪壮華麗である。

不思議なのは、シャロン・デン・アデルのイノセンス

どちらかというとアニメっぽい声が周りの重厚な音に

スポンサーリンク

負けていない、どころかいい塩梅に協奏しあっているところ。

シャロンの天賦の才能か、はたまた音の編集技術によるものか。

不思議である。

デス声が入っていないので、ゴシックメタル入門には

最適だと思う。

僕は前作の「Mothe Earth」の方が好きだけど

「The Silent Force」の方がより万人向けかもしれない。

ザ・サイレント・フォース(DVD付)

ザ・サイレント・フォース(DVD付)

ウィズイン・テンプテーション

-音楽(メタル・ゴシック)

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.