台湾・中国・香港の話題

鋼鉄的

デジタル

「ATOK」導入検討中

投稿日:2008-04-18 更新日:

ATOKが2008になって、『はてなキーワード』との連携により

使いやすく且つ、面白くなったという。

十年前はMS-IMEの性能がアホみたいに悪くて、

ATOKを標準で使っていたが、IME2000になってから

割と使えないこともないので、MS-IMEを使っていた。

しかし、もともとMS-IMEの開発元は韓国であるらしく

日本史の用語の変換は故意に曲げられているという噂もあったし、

最新IMEに至っては開発が中国に移り、変換精度が著しく

落ちたとの話も聞く。

そろそろATOKに変える潮時かなぁと思い、ATOK2008の体験版を

インストールしてみた。確かに変換精度が幾分いい感じがする。

しかし、劇的というほどではない。

スポンサーリンク

残念ながら「はてな」との連携は体験版では使えないようだ。

あと、ATOKはちょっとした差別語に対して過剰な

自主規制を施しているらしい。さっき『シグルイ』のエントリを

書いたが、「死んだ」という節がなかなか変換できずに驚いた。

ネットでの暴言が問題になっているとはいえ、本当に

過剰なまでの言葉狩りだ。

しかし、これから大学院進学を考えているし、論文を書くときに

重宝しそうだから買っても損はしないかなぁ。

ちなみにマイクロソフトの中国語の入力システムは

高性能だと思う。やはり中国人が自分で開発してるからか。

日本語IMEは全然代わり映えしないが、中国語は

どんどんインターフェースが便利に進化している。

-デジタル

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.