台湾・中国・香港の話題

鋼鉄的

写真

オリンパスのマグニファイアーを、Canon一眼レフにつける

投稿日:2008-04-28 更新日:

オリンパス

デジタル一眼レフの最大の弱点といわれてるものの一つが
光学ファインダーの見にくさ、といわれてますね。
特にCanonのエントリー機のファインダーは最悪で
それはまるで「井戸の底をのぞくような」 と形容されてます。

Kissデジでマニュアルフォーカスでの撮影はほぼ不可能です。

40Dを買ったとき、ファインダーがあまりに大きかったので
感動したもんです(これでも35mmサイズのに比べたら相当小さい)

40Dを買ってからというもの、KissNの出番は減ったのですが
携帯性の良さからお散歩カメラとして、またレンズ交換を
減らすためのサブ機としてまだ活躍しています。

スポンサーリンク

とくに明日はライブ撮影のため、35mmF2のレンズを付けた
KissNが絶対必要。しかもピントを外すわけにはいかない、
ということで、ファインダー倍率を上げるマグニファイアーを
買いました。Canonから純正のは出てないですが、
ファインダー部分は何故か各社大差がないようで、
オリンパスのをCanonに付けることができます。

岡山駅前ビックカメラで4380円、全部ポイントで購入。
KissNに付けてみてビックリしました。
かなりファインダーが見やすくなります。
Canonエントリー機、最大の弱点があるていど克服されたことで
KissNの出番がかなり増えそうです。

40Dにも付けてみましたが、こっちはもともとファインダーが
見やすいので、あまり変わりはありません。

一眼レフ初心者の人はカタログスペックばかり見て
ファインダーとかは気にしないかもしれませんが
ファインダーの見え方っていうのは画素数なんかより
よほど大事です。 CanonのKiss系を持ってる方は
マグニファイアー導入を検討されてみては。

写真撮るのがより楽しくなりますよ。

-写真

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.