台湾・中国・香港の話題

鋼鉄的

写真

フィルムカメラに回帰しよう

投稿日:2008-05-08 更新日:

連休は台湾人のおばあちゃんをずっと案内して疲れましたが
面白かったです。またいずれ書きましょう。

新緑の季節、カメラを持って散歩するのが
最高の楽しみです。しかし、デジタルカメラの色再現では
緑がなんかイマイチなんですね。昔から思ってたんですが
理論的に今のsRGBでは緑が再現しきれないらしいですね。

AdobeRGBにすれば多少、緑が鮮やかになるようですが
対応モニタ、対応プリンタを買おうと思うと死ぬほど大金がいります。

あまりお金をかけずにきれいな緑を撮る方法として
フィルムカメラを使うという手があります。
「写るんです」でも高級デジタルカメラよりきれいな緑が撮れます。

スポンサーリンク

商店街の老舗カメラ屋で、富士フイルムのSilvi1000の中古が
5500円で売っていたので、スナップ用に買いました。
このコンパクトカメラ、28-100mmのスーパーフジノンレンズを
搭載で、発売当時は40000円だそうです。
デジタル全盛の時代、あっけなく安く買えます。

ISO100のフィルムを搭載してパチパチ撮っていますが
どんな絵が撮れるか楽しみです。
撮った写真をすぐみれないもどかしさと、期待感が良いです。

フィルムカメラではHOLGAとかのトイカメラ
女性を中心に流行っているようですが、
また一言もの申したいと思います。

-写真

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.