台湾・中国・香港の話題

鋼鉄的

写真

スナップはやっぱりライカ

投稿日:2008-05-26 更新日:

日本一眼レフカメラの最高峰の一つ・EOS1Nと
EF 24-105mm F4 L IS USMという組み合わせを持っているんですが
写りと操作性はもう文句の付けようがありません。
おかしな写真を撮ってしまったら、それはもう
撮影者の腕が悪いのです。

性能的には最高峰です、しかし重い・デカイ・威圧感がある。
シャッター音が「バキューン!」て感じで大きい。

自然を撮るときとか、ライブを撮るときとか、ここぞというときには
いいんですが、街中で持って撮ってると、相当怪しいです。
怪しく見られているのには慣れたし、全然構わないんですが
街中でスナップを撮る目的だと、一眼レフは適していないですね。

スナップは日常の誰もが見ているが、見過ごしている風景を
撮るわけです。そこへ大型一眼レフを持ち込むと、
大型一眼レフが非日常な存在感を放ってしまう。

日常に溶け込みつつ、クリアな写真を撮る。 となると
やはりライカがいい。小型でピントがあわせやすく、
シャッター音が小さい。将に日常に潜むカメラです。
しかし、ライカのM型は性能の割に妙なプレミアが付いてて
高いんですよね。
そこで目をつけたのが、バルナック型ライカ。
M型よりさらに小型で、軍艦部分(カメラの上側)のデザインが
さらにかっこいい。

スポンサーリンク

バルナック型はピントあわせ部分とファインダーが別ですが
慣れれば、問題ないでしょう。むしろ高精度オートフォーカス
一眼レフに飽きてしまっているので、めんどうくさいほど良い。
それでM型の三分の一ほどの予算で買えるのだからお得なもんです。

今、岡山に一つだけあるライカ・ハッセルブラッド専門のカメラ屋の
コトブキカメラ(自分のHNと同じで親近感がある)に
ライカⅢcを調べてもらっているのですが、31日ごろに
商品を調達して見せてくれるそうです。楽しみだなぁ。
レンズは旧ソ連製のジュピターを買おうと思います。
ジュピターは第二次大戦後にツァイスソ連に接収されたものだから
写りはものすごくいいみたいです。しかも超安い。

今まで一眼レフを構えるのを躊躇した被写体でも
ライカならチャンスを逃さずに撮れる気がします。

「見過ごしてた景色は億千万」

-写真

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.