鋼鉄的

台湾、中国、香港のお話

写真

ライカ第一印象

投稿日:2008-06-15 更新日:

ついにカメラマニアの夢、ライカを手に入れました。
ライカといっても大きく分けて

『M型ライカ』と『バルナック型ライカ』があります。

普段『どM』と周りから言われている自分は『M型』を
選ぶべきなのでしょうが、『M型』は安くても15万円はします。
それに比べて『バルナック型』は安くて5万円台なので
『バルナック型』のⅢcにしました。

スポンサーリンク

『M型』と『バルナック型』の違いはファインダーの枠を
焦点距離に合わせて切り替えられるかどうかなのですが、
外付けのファインダーを着けるというやり方もあるし
『バルナック型』の方が断然デザインがカッコイイのです。

本体は1947年製、レンズは1936年製で、さすがに
はじめは使いづらいかなと思ったのですが
10枚も撮ると、すぐに慣れて、むしろそのシンプルさゆえに
使いやすくすら感じました。

最近のカメラは優秀なコンピュータ付きなので
カメラに「こう撮れ!」と命令されているようです。
しかし、電池すら要らないバルナック型ライカは
全部自分で操作するヨロコビが満ち溢れています。

-写真

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.