鋼鉄的

台湾、中国、香港のお話

カメラ

ライカ初撮影「ズマール50mm F2」

投稿日:2008-06-18 更新日:

ライカⅢc と ズマール50mm での画像です。
フィルムは爆安『センチュリア iso100』(200円也)です。

激安フィルムでも絞りをf6.3位まで絞り込めばかなり良い描写を
してくれます。ズマールは1936年製。70年以上前のレンズとは
思えない(ちょっと曇り気味ですが)

スポンサーリンク

絞りを開放で、逆光気味になるとすごいフレアとハレーションが
起こるので、これからはiso400のフィルムを入れて、
絞り込んで撮ろうと思います。

しかし 1947年製のライカⅢc、ものすごく使いやすいです。
バルナック型は使いづらいと聞いたし、カメラ屋の親父も
難しいと思うと言ってたけど、使ってみると随所に溢れる機能美と
合理性と、メカの確かさ故にすごく使いやすいのですが。
デジタル一眼レフの方がよっぽど使いにくいですよ、電池すぐ切れるし。

ピントも合わせやすいし、毎日撮影して歩いています。
日本生まれのライカ風のカメラを買おうか迷ったけど
いきなりライカに行って良かった。
この幾星霜を耐え抜いてきた質感は日本製では
なかなか出せないと思います。
ニコンSPやF1くらいかな。

-カメラ

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.