「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

台湾

最近の台湾

投稿日:2008-07-28 更新日:

台湾で8年ぶりに保守政権が成立した。
韓国でも保守政権が政権を奪還している。

北朝鮮・韓国が分断国家ならば
中国・台湾も分断国家だ(中国人は国家と認めてないけど)。

何か似ている状況の台湾・韓国だが
韓国の李明博政権が北朝鮮に対し強硬姿勢なのに対して
台湾の馬英九政権は中国と融和路線をとっている。

残念ながら、どちらの政権も政権をとったときは
支持率が高かったが、今やどちらも地を這う支持率である。

どちらも保守政権になれば、経済重視になり国民の生活が
楽になると煽って成功したわけだが、政権がどうのこうのより
原油高とか材料高とか、構造的などうしようもない不況だったから
保守政権になろうと、株価が上がるものでもなかったのだ。

スポンサーリンク

台湾は、経済を重視するあまり、禁断の中国との直接交通を
開いてしまった。言葉の全然違う日本でも中国人の
不法滞在が多いというのに、言語が同じ台湾は
一気に中国に呑み込まれてしまいそうで心配だ。

尖閣諸島問題で、日本に宣戦布告一歩手前のことをしてしまって
日本・アメリカとの関係を最悪の状態にしてしまった馬英九
より中国にすがっていきそうだ。泥船とわかりつつも。

僕の友達の台湾人も、はじめは馬の現実主義的経済重視政策を
評価していたが、最近はなんだか歯切れが悪い。
支持していた手前、メンツがあるので彼らはすぐに否定はしない。
でもメンツを守るにも限界があるだろう。

修士を取得したら台湾に留学しようと思っていたが
馬政府の「戦争も辞さない」発言と、軍艦を出そうとまでした
愚行によって、どうしようか迷っている。

台湾への旅行者も激減しているそうだし、僕も当分行く気はなくなった。
台湾の友達に会いたい気持ちはあるけど。
燃油サーチャージも高いしね。

-台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.