鋼鉄的

台湾、中国、香港のお話

台湾

「日本語が流暢な李登輝のようにはいかないけれど」と台湾の馬英九総統

投稿日:2008-08-06 更新日:

台北の「今日新聞」によると、台湾の馬英九総統が
日本の国会議員に会って、日本との関係を修復しようと
必死にアピールをしたという。

台北「今日新聞」(中国語)
http://tw.news.yahoo.com/article/url/d/a/080804/17/gsv.html

「台湾は毎回、李登輝のように日本語が流暢な総統を
 選ぶ訳にはいかないけれど、台湾は日本を昔通り重視している」

馬英九は語る。

スポンサーリンク

これは、日本人からすると単なるリップサービスに見えるが
台湾の政治家にすると、面子をかなぐり捨てての発言である。

つづいて、アメリカも従来通り重視しているし
大陸・中国との関係もさらに改善していくと宣言。

馬英九は根は反日だと思うが、台湾の行く末を思うと
全方位外交しかないのだ、という気概を感じる。

しかし、日本の報道機関は北京オリンピック一色で
馬英九の必死のアピールは全く報道しない。
毎日新聞のあの事件を鑑みても、日本の報道機関は腐ってるなぁ。

-台湾

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.