鋼鉄的

台湾、中国、香港のお話

ゲーム

ひさびさにムキになったゲーム『勇者のくせになまいきだor2』

投稿日:2008-10-22 更新日:

勇者のくせになまいきだor2 特典 魔王消しゴム付き
勇者のくせになまいきだor2 特典 魔王消しゴム付き
ソニー・コンピュータエンタテインメント

魔王に召還された破壊神となって、ひたすら穴を掘り
ダンジョンを作って勇者を撃退するゲーム。
似たような正義と悪の立場を顛倒させた
コンセプトのゲームは結構あるけど、このゲームは
徹底してコミカルかつレトロな雰囲気を醸している。

『1』が出たとき、買おうか迷って結局買わないうちに『2』が
出た。しかも定価3,800円という安さ。ビックカメラ岡山店で
実質3,000円くらいで買った。
この安さはグラフィックに金をかけていないところから
来ているのだろう、余計なムービーとか無いし。
しかし、ゲーム性とゲームバランスはすごく練られている。

適当に穴を掘っているだけだとすぐ勇者どもにスマキにされる。
そのときのくやしさは子供の時に味わって以来、久々に味わうものだった。
そのぶん、勇者を体よくボコボコにした暁には思わず口の端に
ニタリと悪の微笑が浮かんでしまう。

スポンサーリンク

この屈辱と爽快感のスパイラルはやってみないと分かりづらい
と思う。体験版が配信されているようなのでチェックしてみるといいかもしれない。

けっこう難易度は高くて、何度も同じ勇者にスマキにされた。
今はモモとヒナギクというコンビに勝てないが、この二人どうみても
ピーチ姫とデイジーのパロディである。
至る所に小さなレトロパロディがちりばめられており、おじさんゲーマーには
たまらない。

なかなか勇者に勝てない人向けに、「まおうのへや」という
モードがあって、勇者に邪魔されずにダンジョンが作れるモードがある。
そこで生み出したモンスターの生態を観察するのも楽しい。
なんだか子供の頃、蟻を一心不乱に眺め続けていたのに
通じる楽しみがある。

-ゲーム

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.