台湾・中国・香港の話題

鋼鉄的

カメラ

マウントアダプターという底なし沼

投稿日:2008-11-12 更新日:

キヤノンのEFマウントはイメージサークルが大きく、
フランジバックが短い。

だから大抵の他社製マウントを舞うとアダプターを介して
楽しむことができる。ニコンFマウントも、オリンパスOMマウントも
ペンタックスKマウントも、M42もツァイスもライカも何でもくっつく。

そのマウントアダプターの世界に、足を踏み入れたいと思うものの
底なし沼の無間奈落に陥るので自制していたが、
ZUIKOレンズの凄さを目の当たりにしてしまったので
OM−EFマウントアダプターを買ってしまいそうだ。

スポンサーリンク

何年か前までは2万円くらいしたマウントアダプターも、
今や4000円くらいからある。

OMマウントでもKマウントでも、50mmのF1.4クラスが数多く安価で
出回っている。キヤノンの現行50mm F1.4 がずっと欲しかったが
4万円くらいするし、ニコンが新型を出したのでリニューアルの可能性もあり
なかなか買い時が分からない。マニュアル操作だけど40Dなら
ファインダーも見やすいし、いいかな。

しかし、各社のレンズをマウントアダプターだけ
を通して楽しむことができるのにキヤノンの昔のマウント、
FDマウントは補正レンズを入れないと使えないというのはおかしな話だ。
補正レンズを入れると画質は落ちるし明るさも落ちてしまう。

-カメラ

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.