台湾・中国・香港の話題

鋼鉄的

読書ノート

河合敦『早わかり日本史』感想。手軽な通史を知りたい人向けの良書

投稿日:2008-11-12 更新日:

こういうザッと歴史をあつかった書籍は数有るが、
大抵は中学・高校の歴史教科書をベースにしていて面白くないうえに
社会制度とか妙に細かいところを突くわりに全体的な
歴史が頭に入らないことが多い。

この本は歴史の流れを理解するには良い本だったし
これから後、各時代を詳しく知りたいと思わせてくれた。

しかし日本史はやっぱり難しい! と改めて思った。

日本史に比べたら、中国史や西洋史は国や諸民族が入り組んでいるとはいえ
理解しやすい。なぜなら、ほぼ凡てが軍事力というファクターから
読み解いていくことができるからだ。

スポンサーリンク

日本は、天皇・皇室という要素が、あるときは強者を扶助し
あるときは強者を圧殺する。天皇の動きは政治的な動機のこともあるし
感情的な動機の時もある。その一々を追っていくのは
どうにも難しくて訳が分からなくなる。
(しかし、最近その面白さがわかってきた)

仲が良くなった外国人(主に台湾人)に天皇<エンペラー>について
必ず聞かれるのだが、うまく答えられた試しがない。
(中国人には仲が良くても滅多に聞かれたことはない
 中国人は日本人とは面と向かっては政治の話をしない。
 お互い相容れないと分かってるからだろう。)

早わかり日本史 (第2版)

早わかり日本史 (第2版)

これから台湾に行くに当たって、天皇のことをいちおう答えられるように
しとかなければならないと思う。

-読書ノート

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.