「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

岡山 時事

岡山県の中心で愛を叫ぶ @ケンミンSHOW

投稿日:2008-11-20 更新日:

ネットしながら、BGMに「ケンミンSHOW」を聞いていたら
岡山が特集されていたので見てみた。
「ケンミンSHOW」は日本の中でもいろいろ違う価値観や文化が
あるのを知ることができるので、ヒマなときは見ているが
テレビ局お得意の誇張がかなり入っている気がした。
岡山が出てきたのでそれを検証してみようってわけだ。

結論から言うと、誇張はあるけど、まあ許容範囲かなと。

『ぶっかけうどん・ふるいち』
ぶっかけうどん発祥の店らしい。初めて知った。
でもうどんの味は普通。香川のうどんには全然敵わないと思う。
はなまるうどん進出が激しく経営が苦しそう。

えびめし
有名らしいけど、僕の周りでも常食しているという人は聞いたことがない。
不味くはないけど、ものすごく油っこい。数年に一度食べる。

鷲羽山ハイランド』
設備が古くて不安だが、数々の絶叫マシンをそろえていて楽しい。
ブラジルサンバはいつもやっているわけではないので、
見たことがない。残念。

スポンサーリンク

倉敷人』
なぜか岡山人に強烈な敵意を燃やす(笑)これはその通り。
強烈な倉敷ナショナリズムがある。
その昔、天領だったのでなんか岡山市より格が上と思っているらしい。
小さい岡山内でいがみあっても何もええことなかろーに。

デミカツ丼
カツ丼にデミグラスソースがかかっている。普通においしい。
でもラーメンと一緒に頼むなんて聞いたことがない。
カツ入りラーメンは初めて知った、新潮流か。高校生くらいの時なら
食べることができたかもしれないが、今は無理。胸焼けする。

『女性の岡山弁』
今時あそこまで濃い岡山弁をしゃべる娘はなかなかいない。
岡山弁はキツく聞こえるので、ヤンキーっぽくなってしまう。

僕は物心がついて幼稚園卒園まで東京にいたのだが
女子の岡山弁が面白くてしょうがなかった。
語尾に「じゃ」を付けるので、「おばあちゃんかよ!」とか
東京言葉で突っ込みを入れてたら、プラスチックの可変的蛇型ブロックで
ボコボコにされた思い出がある。

その時刻み込まれた教訓、「女性は怖い」というのは今も生きている。

-岡山, 時事

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.