「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

写真

超広角レンズで撮る今日の空

投稿日:2008-11-30 更新日:

Cloud Sun

Canon EF-S レンズ 10-22mm F3.5-4.5 USMで撮影。
Picture Style [CLEAE] PLフィルター使用
DPPで周辺光量落ちを補正。

このレンズは逆光でも全くと言っていいほどフレアやゴーストが出ない。
太陽を画面に入れても出ない。 フレアは少しばかり出た方が
フワッとして良い感じになる場合も多いし、
ゴーストも絵になる場合が多いのだが。贅沢な悩みか。

キヤノンは純正レンズを使うと、附属ソフトであるDPPで
レンズごとに周辺光量落ちの補正や、歪曲収差補正ができる。
純正レンズは少しばかり高いが、この機能が使えるというのは
大きなアドバンテージだと思う。

周辺光量落ちも歪曲収差もレンズの個性なので
むやみやたらに補正しない方が良いが、ピクチャースタイル[CLEAR]の
場合はコントラストが強烈に誇張され、画面端が真っ黒になって
しまう場合があるので、適宜使っている。

スポンサーリンク

昨日、5D MarkⅡが発売されたので、岡山駅前ビックカメラ
行ったが、まだ置いてなかった。あそこのビックカメラ
大体発売日には展示していたのだが(50Dもα900もG1も)、
5DⅡは置いてなかった。価格コムを見ると、発売日に手に入るように
予約してた人の元にも届いてない&年内に届くかどうかも
分からない、と品薄なようなので、展示より客に回したのだろう。

あまり期待してなかったのだが、使用した人の感想を見てみると
相当良さそうなので、はやく触ってみたいと思う。
Canon EF-S レンズ 10-22mm F3.5-4.5 USM
使えないので、35mmフルサイズに移行するのは何年も先になるだろうけど。

Cloud

-写真

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.