「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

カメラ

ペンタックス、ホワイト&ホワイトの一眼レフ

投稿日:2008-12-21 更新日:

20081205145921

 

ペンタックスが限定品で「白い」一眼レフカメラを
だすそうです。

光画日記:驚きの白さ
http://d.hatena.ne.jp/moizee01/20081218/p2

まさに驚きの白さ!白いと言ってもシルバー系の光沢ある
やつかと思ったら、真っ白です。

 

割と保守的なカメラマニアであると思っている自分は
はじめは否定的でしたが、よく見てみると
スペースシャトルみたいなカラーで格好いいかもと
思い始めました。地球連邦軍のMSっぽいし。

 

そもそもCanonの高級レンズは「白レンズ」と言われてて
各社、高級望遠レンズが白いのは当たり前でした。

スポンサーリンク

 

なぜ白にするかというと
黒よりも熱吸収率が低いので熱による膨張を防ぎ、
光学系の変化を防ぐのが主な目的だそうです。
デジタル一眼レフ半導体の集積みたいなもんで、
もちろん熱には激しく弱いので、ボディを白にするのも
合理的理由・科学的根拠があるといえます。「用の美」ですね。

 

この白ボディにペンタックスの銀リミテッドレンズを
つけたらかなり格好いいに違いない。

 

女流一眼 こと Panasonic G1の赤も実物を見ると
更にかっこよかったので、この白ペンタも
実物を見てみたいモノです。しかし限定品だから無理かな。

 

-カメラ

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.