「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

ゲーム 英語多読 読書ノート

Nintendo DSの『DS文学全集』で夏目漱石再発見の年となる

投稿日:2008-12-29 更新日:

今年は夏目漱石金庸の良さを再発見できたと言うことで
意義深い年になりました。

DS文学全集

DS文学全集

posted with amazlet at 08.12.29
任天堂 (2007-10-18)
売り上げランキング: 369

 

夏目漱石は、小学生の時に『吾輩は猫である』『ぼっちゃん』を
読みましたが、今ひとつ面白さが分からず
高校三年の時に国語で『こころ』を扱ったのでとりあえず
読みましたが、やはりあんまりよく分からず、
どうも自分には合わないと思ってずっと読んでませんでした。

 

ブックオフで100円コーナーにある漱石の本を買ったはいいけど
積ん読状態で何年も過ごし、結局DS文学全集に収録されているのを読みました。

 

台湾旅行中に読み始め、『三四郎』『それから』『門』と読み進めるうちに
夏目漱石のすごさを垣間見ることができました。
漱石の女性を表するときの筆致が冷静かつ恐怖に
おののいていると思えるところとか、怖さがこちらにも伝染しました。
彼岸過迄』も面白かった。

 

そのほかにもいろいろDS文学全集
日本文学を読んでみたのですが、いままで合わないと思っていた日本文学も
30を間近にしてやっと楽しめるようになってきました。

 

DS文学全集は初めて紙の本に匹敵する
読みやすさを備えた電子ブックリーダーだと思います。
ソニーパナソニックが電子本リーダーを出してますが、
あれは全然ダメでした。

 

スポンサーリンク

DSは「パカッと本のように開ける」+「2画面」という構造なので
本を読む為にはすごく良いデバイスです。DS文学全集の他にも
他社から類似品的なソフトも出ているんですが、しおり機能などの
便利さ、フォントの見やすさ等で任天堂DS文学全集
に全然かないません。

 

DS文学全集青空文庫のテキストをベースにしていて
著作権料はかからないはずなので、続編をバンバン出して欲しいですが
任天堂の性格からして出さない気がします。本当は青空文庫等から
テキストデータを自由にダウンロードして使える電子ブックリーダーが
でればいいんですが。

 

アメリカで任天堂が『100 Classic Book Collection』というのを
出してて、英語多読をするのにもってこいだと思うので
欲しいと思うのですが、国内販売は考えていないんだろうなぁ、任天堂は。

 

いろいろ調べてたら英語多読に良さそうなDSソフトを見つけました。
まだ発売前ですが、フォントが読みやすかったらいいなぁ。

 

 

辞書機能も付いているそうで、タドキスト(多読する人)には
すごくいいかもしれない。

 

英文多読DS 世界の名作童話
っていうのもあって、多読初級者には良さそう。

-ゲーム, 英語多読, 読書ノート

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.