「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

台湾留学

台湾、留学ビザ取得。大阪の場合

投稿日:2009-02-07 更新日:

先日台湾留学のためのビザを取りに行きました。
岡山在住の自分は、いちばん近い大阪まで取りに行く必要がありました。
以前中国に留学に行くときも大阪の中国大使館まで取りに
行ったなぁと思い出しました。

台北駐大阪経済文化弁事処
http://www.taiwanembassy.org/JP/OSA/mp.asp?mp=247

台湾と日本は正式な国交がないため、経済文化弁事処が即ち大使館に当ります。
大阪の経済文化弁事処は地下鉄で梅田から一駅、駅から歩いてすぐでした。

R0010627

ビザ申請には以下の準備が必要となります。

・パスポート(有効期限6か月以上)
・Visa申請書一枚
・入学許可書コピー(提出用) 
 原本も確認するようです。
・4×5㎝の写真2枚(パスポートサイズ)
・銀行残高証明(USドル建てで、約100万円以上らしい)
・往復航空券
・Visa申請料金(シングル5,300円、マルチ10,600円)

ビザ申請書は経済文化弁事処HPからダウンロードもできますが
現地で書き方を丁寧に教えてもらえるので現地で書いたらよいでしょう。
台湾に友人が居る場合、その友人を記入する欄があるので
それは控えていってください。

往復航空券が必要とされていますが、ネットでいろいろ調べると
航空券は確認されないことが多いようでした。
半年以上〜1年オープンの往復航空券は高い上にあまり便利ではありません。

スポンサーリンク

この往復航空券確認は形式的なもので、たとえ3日後に帰る便になってても
問題なく、復路を破棄するという選択肢もあるようですが、
サーチャージはきっちり往復分取られてしまいます。

そのため自分は、1年オープンの航空券を仮予約だけして
行ってみることにしました。

結局、航空券は確認されることはなく、「航空会社は何使うの?」
と訊かれただけでした。台湾へは楽天トラベルで買った
片道航空券で行きます。

ビザ申請手数料がどうやら値上げされたようです。
今まではシングル4,400円、マルチ8,800円でしたが
シングル5,300円、マルチ10,600円になったようです。
結構な値上げですね。 窓口のおばちゃん(日本人っぽかった)は
シングルを勧めてきましたが、たぶん祖母の見舞いに帰国しないと
いけないし、ネットでもマルチのほうが良いと言われているので
高いですけどマルチにしました。

台湾のビザ取得は、わりとめんどくさい上に情報が少ないです。
僕は以下のサイトの情報に大変お世話になりました。

謝謝小姐
http://ameblo.jp/mayumin162/entry-10041108254.html

akibaline
http://www.akiba.ne.jp/taiwan/liuxue/0207.html

ビザは翌日発給となります。僕は13時くらいに申請しましたが
翌日朝一にはできているようです。
50%増しのお金を払えば、即日発給も可能らしいですが
ゆっくり大阪を楽しむのも良いと思います。

-台湾留学

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.