台湾・中国・香港の話題

鋼鉄的

台湾

台湾の最低時給アップ。それでも115元(約350円くらい)、、、

投稿日:

 台湾の最低時給が115元に上昇しましたが、日本円に換算すると350円弱と日本の約半分くらいです。台湾の給与水準はかなり低くて、韓国にも追い抜かれています。

 なぜ台湾の給与水準が上がらないかというと、やはり中国の存在が大きいと思われます。台湾の製造業はどんどん中国に拠点を移し、空洞化していますし、逆に中国と融和的な国民党の馬英九総統の政策によって、中国もかなり台湾に進出してきました。台湾と中国では言葉の壁が無いため、中国の低賃金に引っ張られて、台湾の給与水準も上がりにくいのだと思います。
 台湾の物価は大体日本の3分の1と考えてよいので、この最低賃金でも生活はできます。しかし、台北は住居費がかなりかかるので、なかなか辛いものがあります。台北は物価も地方に比べて少し高いし、仕事のストレスも地方より高く、日本と同じようにサービス残業も横行しているようです。最近は連日37度を超える天気だし、台北はかなりハードな都市です。

スポンサーリンク

14萬打工族受惠 時薪將漲到115元
【2012/07/07 聯合報

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

-台湾

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.