「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

台湾

台湾の大学は中間テストの季節。今日は30度ちかくになり蒸し暑い日でした。

投稿日:

 台湾の大学には期末試験だけでなく中間試験もあります。日本の大学は中間テストなんてないところがほとんどでしょう。中間テストがあるだけでも大変ですが、台湾の大学の一学期はとても長いです。日本の大学は一学期大体13週くらいですが、台湾は18週もあります。しかも日本とちがって祝祭日がほとんど無く、かなり疲れます。
 大学院の授業には中間テストはないのですが、TAをしているため中間テストの答案を採点しないといけなかったりで、忙しくなって来ました。
 そんな中、自身の卒業のための手続きをやっているのですが、いろいろ書類をあつめ、東奔西走したりで大変でしたが、なんとか終わりました。単位の条件はクリアしてるのであとは論文を書いて面接試験を終わらせるだけですが、台湾では修士論文でも外部から教授を呼んで審査します。文字数も8〜10万字くらい書かないといけないので日本の修士とはちがって文系なら3,4年かかってしまいます。

 今日は湿度が極端に高い上に28度ちかくまで気温が上がったので、歩いているだけで汗まみれになりました。しかし日曜日にはまた20度ちかくまで気温が下がるそうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村

-台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.