台湾・中国・香港の話題

鋼鉄的

カメラ 台湾

Canon PowerShot S110が実質23,000円。台湾で買うと33,000円。円安効果はまだ出てない。

投稿日:

 RICOHのGRD2が壊れてから普段使いのカメラが無くなってしまいました。PENTAXOptio I-10では画質が物足らないし、SONY NEXは重いしかさばるし。
 そこでCanonのPower Shot s110がよさそうなので、しばらく値段を追っています。S110はレンズも明るいし、コンパクトだし、高感度にも強いし。Wifiスマホに画像を送れるというのも面白そうです。何よりタッチパネルでピントを合わせられるのがありがたいです。

スポンサーリンク

 台湾では並行輸入品で11,000元くらいです。日本円にすると33,000円。対して日本では28,000円くらいまで下がってます。差額5,000円くらいなら、台湾で買ってもいいかなと思いましたが、Power Shot s110は今、キャンペーン中で、5,000円キャッシュバックされるそうです。それなら台湾と価格差が10,000円になってしまい、さすがに台湾で買うのは躊躇されます。
 他メーカーのカメラの台湾での価格を見ると、円安で少しずつ下がってきていますが、まだまだ高いです。やはりカメラ関係は日本に帰国した時に買ったほうが良さそうです。
Canon デジタルカメラ PowerShot S110(ホワイト) 約1210万画素 F2.0 光学5倍ズーム PSS110(WH)
それにしても、Canonの高級コンパクトカメラが二万円代前半で買えるとは、隔世の感があります。これもスマホのカメラの躍進のおかげだと思います。スマホのカメラと競合しないSonyのRX100の値段がほとんど値下がりしないのを見ると、これからコンデジCMOSが1インチ以上のものがデフォルトになりそうです。
 リコー、GR は一気にAPS-Cまで大型化しました。値段も大幅に上がって9万円と手が届かなくなってしまいました。この影響でGR DIGITAL4が安くなれば、S110ではなくGRD4を買いたいと思ってましたが、GRD4は逆にGRの登場によって値上がりしてしまいました。GRD4とGRは単純なバージョンアップではなくて、別物のカメラですから、それぞれ需要があるので当然だと思います。GRはAPS-Cになることによって、最短撮影距離が長くなって、マクロにちょっと弱くなってしまいます。GRDシリーズがマクロ最強だったので、あのマクロを使い続けたい人はGRD4を選んだほうが幸せになれます。
RICOH デジタルカメラ GR APS-CサイズCMOSセンサー搭載
GRになって「Digital」という表示が消えたのは時代を感じさせます。もはやカメラといえばデジタルなのが普通の世の中になってしまいました。
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村

-カメラ, 台湾

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.