「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

台湾

タピオカミルクティーには角砂糖28個分の糖分。毎日飲む中高生は糖尿病、すい臓がんのリスク。

投稿日:

 日本人にも大人気な、タピオカミルクティー(珍珠奶茶)ですが、なんと一杯のパールミルクティーの中には角砂糖28個分の砂糖が入っているそうです。タピオカミルクティーのカロリーは、ご飯4杯分、だいたい800キロカロリーもあるという話を聞いたことがあります。大量の砂糖に加え、タピオカ自体もデンプンの塊なので、この高カロリーも納得です。
 他の飲料も大量の砂糖が含まれており、台湾の中高生の95%はこういう飲み物を毎日飲むらしいです。毎日二杯飲むのは55%と半分以上。代謝が活溌な若者なら、一杯くらいは大丈夫かもしれませんが、二杯も飲むとさすがに危ないです。最近若年層の糖尿病が激増しているそうですが、こういう飲み物の影響が大きいと思います。
 大量の糖の摂取は糖尿病だけではなく、内蔵、特に膵臓にダメージを与え、すい臓がんリスクが大幅に高まるそうです。タピオカは化学物質を使った毒デンプン事件で危険度が取り沙汰されましたが、糖分過剰のリスクも重大です。

好驚人! "一杯珍奶"28顆方糖吃下肚
 自分はタピオカミルクティーは半年に一度くらいしか飲みませんが、飲む時はいつも「半糖」か「微糖」で調整してもらっています。普段砂糖入り飲料をほとんど飲まないため、「半糖」でも甘すぎる感じがあり、「微糖」でちょうどいいくらいです。観光旅行で台湾に来られる場合、タピオカミルクティーを飲む人が多いと思いますが、「微糖(ウェイタン)」で注文することをおすすめします。大体店頭に糖分表が設置してあるので、それを指さすか、紙に「微糖」と書いて店員に見せれば大丈夫です。氷をどれくらい入れるかも聞かれますが、自分はいつも「去氷(入れた氷が全部溶けるくらい)」で頼んでいます。
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村

-台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.