鋼鉄的

台湾、中国、香港のお話

台湾

台湾の「お盆」=「中元節」は人間の贖罪を神に願う日。日本のように休日にはならず。

投稿日:

 台湾では今「中元節」の真っ最中です。台湾に来た4年前から日本の「お中元」と何か関係があるのかと思いつつ、気にも留めていませんでしたが、やはり関係があるみたいです。
 wikipediaを見ると、中元はもともと道教のものだったようです。

中元は三元の一つで、地官大帝(もしくは赦罪大帝。舜と同一視される)の誕生日であり、さまざまな罪が赦される贖罪の行事が催される。また、地官大帝は地獄の帝でもあるため、死者の罪が赦されるよう願う行事も催される。

 その後、仏教の盂蘭盆会と習合して日本へ伝わりました。中華圏では後に道教の色彩が強くなったのに対して、日本では道教の要素が抜けて「お盆」として残っているようです。
 以下に台湾の「中元節」の動画がありますが、日本のお盆とはかなり違います。

【中元普度法會 民代趕場拉聲勢−民視新聞】
 特に目を引くのが、なぜか各会場に政治家が行って政治活動をしていること。日本でお盆の祭祀の時に政治家が顔を売りに来たら逆にKYと見なされ、支持率が下がりそうなものですが台湾の政治家はそんなこと気にしません。台湾の政治家は新郎新婦と何も関係がないのに、各結婚式場を回って名刺を配りまくったりします。こういう場違いな政治活動は日本だと何かの法律に引っかかりそうな気もするのですが。

スポンサーリンク

 この台湾の「お盆」=「中元節」、一日も休みになりません。台湾の場合、かわりに4月の「清明節」が休みになり、墓掃除などはその時にやります。とはいえ、日本のように一週間も休みになるわけではありません。台湾に来てからしみじみ思いますが、祝祭日が少ないです。日本も中国も5月初旬にゴールデンウィークがあるのに、台湾はないです。あと中国は10月に国慶節の大型連休があるのに、台湾にはそれも無いです。台湾ではただ旧正月に大型連休があるだけです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村

-台湾

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.