鋼鉄的

台湾、中国、香港のお話

デジタル 台湾

6,7年使っていたDVDドライブが寿命を迎える。ブルーレイを買おうと思ったけど、やはりDVDドライブで十分。

投稿日:

 明日から新学期ということで、デスクトップPCでいろいろな作業をしています。DVDやCDを読み込んだり、コピーしたりしないといけないのですが、急にDVDドライブが反応しなくなりました。ドライバがおかしくなったのかなと何度か再起動したり、ドライバを確かめたりしましたが問題なし。
 どうやらDVDドライブの寿命が来たようです。このDVDドライブは、もともと日本で買ったもので、もう6,7年ちかくの付き合いになります。台湾に来て半年後くらいに一時帰国した際、日本からデスクトップPCごとスーツケースに無理やり詰め込んで持って来た思い出深いドライブです。光学ドライブは早ければ2,3年で壊れるらしいので、このASUSのドライブは長寿でした。

 USB2.0の外付けのドライブがあるのですが、やはり速度が遅く使いものにならないので、近くの家電量販店にSATAの内蔵ドライブを買いに行きました。これを機にブルーレイドライブにしようかなと思いましたが、ブルーレイを見ることもないし、大量のデータは安くなった外付けHDDに詰め込んだほうが効率的なので、結局またDVDドライブを買いました。パイオニア製のものが729元(約3,000円)くらいでした。

 さすがに6,7年前のものと違って、安定していますし、読み込み・書き込み速度等も速いです。やはり仕事をする際にはデスクトップPCのほうがはかどります。

スポンサーリンク

 明日の開学を前にして、緊張してきました。去年までは月曜日の朝一の授業で、ほとんど寝ずに授業に行った日も多かったのですが、今年はどの曜日も午後からの授業なので、その点は気が楽です。学生も朝一は元気がありませんし、遅刻が多いですから。日本の大学生も朝が弱いですが、台湾でもやはりその傾向があります。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

-デジタル, 台湾

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.