「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

写真 台湾

Canonの名レンズ「 EF70-200mm f/2.8L USM 」で鳥撮り、「ハト編」。AF激速でシャッターチャンスを逃さず、ハトの首のカラフルなアレも鮮やかに再現する色乗り。

投稿日:

 Canonの名レンズ「 EF70-200mm f/2.8L USM 」で鳥を撮ってみました。いろいろ撮ってみたのですが、まずどこにでもいるハト。

フルサイズで撮る 200mm F2.8 は伊達じゃない

 35mm判フルサイズの明るい望遠はやはりすごいです。20センチごとに並んだハトが後ろに行くにつれてとろけるようにボケていきます。

IMG_1819
Canon EOS 6D + EF70-200mm f/2.8L USM

AFも激速・ハトの首のカラフルさも鮮やかに

 とまっているとはいえ、はやくピントを合焦させないとタイミングがずれてしまいますが、さすが純正レンズだけあってオートフォーカスがものすごく速いです。キヤノンの純正レンズはいろいろ持ってますが、やはりこのレンズの合焦速度は群を抜いて速いです。

IMG_1816
Canon EOS 6D + EF70-200mm f/2.8L USM

 あと、ハト特有の首のあたりのキラキラしたところもよく再現しています。どうしてあそこは緑に光っているのでしょうか。


IMG_1830
Canon EOS 6D + EF70-200mm f/2.8L USM

鳥撮りには望遠側がちょっと足らない

 すばらしすぎるレンズですが、小さな鳥を撮ろうとすると望遠側がちょっと足らないです。

IMG_1823Canon EOS 6D + EF70-200mm f/2.8L USM

 APS-Cのボディに付けたらキヤノンの場合、1.6倍となるので 320mm となり、どうにか使えるかもしれませんが、せっかくのフルサイズ用巨大白レンズをAPS-Cで使うのはちょっともったいないです。

www.koutetsuteki.com

Canon 望遠ズームレンズ EF70-200mm F2.8L USM フルサイズ対応

Canon 望遠ズームレンズ EF70-200mm F2.8L USM フルサイズ対応

 あと、EOS 6DでもAFは問題ないのですが、よりAF性能の良い5D系のボディもほしいなと思ってしまいますが、さすがに今買うのは無理なので、腕を磨いてカバーしようと思います。

-写真, 台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.