鋼鉄的

台湾、中国、香港のお話

中国

中国・北京の大気汚染が史上最悪となる。有害物質PM2.5の濃度は「日本が定める危険水準」の10倍に達し、ガスマスクを付けて外出する人々。

投稿日:

 中国の大気汚染が史上最悪となり、有害物質PM2.5の濃度が「日本が定める危険水準」の10倍にも達しているとのこと。

ガスマスクを付けて外出する人

f:id:kotobuku:20151202013910p:plain
北京で大気汚染が“最悪レベル” 工場など一部停止

 今年に入り、台湾にも中国から大気汚染物質が大量に飛来し、度々ニュースとなってきました。このブログでも時々取り上げています。

www.koutetsuteki.com
www.koutetsuteki.com
www.koutetsuteki.com

 台湾も酷いことになってきたと思いましたが、元凶である中国は想像を絶するほど汚染されていました。
 わたしが中国にいた15年前は、ときどき黄砂が酷いもののまだ空気はきれいでした。今ではもう『風の谷のナウシカ』の腐海のようになってしまいました。

スポンサーリンク

 中国は需要不足で閉鎖する工場が多いと聞きますが、生産過剰でもモノを作り続ける工場は多いようです。車が増えたことも大気汚染の原因の一つでしょう。台湾もそうですが、中国も車検制度が適当でスクラップ寸前で煙をモウモウと吐き出しながら走る車も多いですから。

-中国

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.