「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

中国

中国にも浸透したクリスマス。北京では有害物質PM2.5を含んだ大気汚染で空は真っ白。視界不良で300便以上の飛行機が欠航し、とんだホワイトクリスマスとなる。

投稿日:

 中国でもクリスマスを盛大に祝うようになったようですが、有害物質PM2.5を含んだ大気汚染で北京は真っ白になり、飛行機が飛べず、300便以上が欠航するという大変なホワイトクリスマスとなりました。

視界がほぼゼロの空港

f:id:kotobuku:20151225232941p:plain

 視界不良で多くの便が欠航したため、北京交際空港は大混乱。怒り狂った客が職員に詰め寄ったりしています。

スポンサーリンク

【 TVBS】 消失的飛機! 耶誕節北京遭「霾」伏重汙染

 私が中国に留学していた15年前は、クリスマスなんてほとんどの人が気にしていない様子でした。申し訳程度にツリーが飾ってあったり、門の両側に貼る門神のとなりにサンタクロースのステッカーが貼ってあって微妙に道教に習合していたりしている程度で。
 ニュースの北京の様子を見ていると、ずいぶんクリスマスな雰囲気が出ています。台湾も初めてきた7年前に比べるとずいぶんクリスマスが浸透した感じで、大学生たちは喜々としてプレゼント交換にいそしんでいました。私は毎年この時期トナカイの角を付けて授業をさせられたりしてます。

-中国

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.