「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

台湾

突然中国でfacebookが使用可能となり、18時間の間に民進党の蔡英文のフェイスブックページに6万以上の罵倒コメントが書き込まれ、台湾人が応戦。蔡英文は一言「歓迎光臨(ようこそ)」。

投稿日:

 中国ではグレートファイアウォールによって、インターネットの接続が規制されていて、facebookやTwitterに接続することができません。しかし、なぜか18時間にわたって中国でfacebookに接続可能となっていました。この機に乗じて中国人たちが台湾独立色の強い民進党の蔡英文のフェイスブックページに6万以上の罵詈雑言コメントを残しました。

f:id:kotobuku:20151111210050p:plain

蔡英文のfacebookページ上で台湾人と中国人の戦いが行われる

 とつぜん押し寄せた中国から大量のコメントに対して、台湾人もすかさず応戦し、facebook上で激しい舌戦が繰り広げられました。ネット上でときどき台湾人と中国人は喧嘩していますが、こんな大規模なものは見たことがありません。しかし、いくら人口が多いからといって6万以上のコメントとは。

スポンサーリンク

当の蔡英文は泰然自若。「ようこそ」と一言。

 自分のフェイスブックページ上ではげしい戦いが行われている蔡英文は中国人たちに対して一言、「歓迎光臨(ようこそ)」と言い、いろいろな議論がなされることを願っていると全く動じませんでした。来年の総統選挙で当選することが確実視されているので余裕の対応です。
 また、台北市の柯文哲市長も中国でfacebookが使えるようになったことに驚き、「Welcome」と一言。

2016總統-中國測試開放臉書? 小英臉書被灌爆-民視新聞

中国はfacebookを解禁するテストをしていた?

 今回、とつぜん中国でfacebookが使えるようになったことについて、中国がfacebookを解禁しようとしてテストしたのでは?との憶測もあります。しかし、中国には「人人網」というfacebookを丸パクリしたサービスがありますし、Twitterを強化したような微博もあります。中東で起きたジャスミン革命みたいなことが起こることを恐れる中国がfacebookを解禁するとは思えないので、グレートファイアウォールが一時ダウンしたのではと考えられます。しかし、沿岸部の一部で特区としてネットの自由化をしようという動きもあるようなので、もしかしたら中国の一部地域ではfacebookが使えるようになるのかもしれません。

-台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.