「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

中国

中国は上海・杭州など広い地域で40度以上の酷暑が続く。北方では北京市のいたるところで冠水するほどの豪雨で洪水発生。暑さは8月には少し収まる模様。

投稿日:

 中国では南部を中心に40度以上の高温となり、酷暑が続いてます。

f:id:kotobuku:20160801024749j:plain
猛暑の中国南部 今月末まで高温が続く

上海・杭州なども40度以上

 台湾は38度以上の天気が続いていましたが、台湾よりも北方である上海や蘇州・杭州あたりが40度を超えていることに驚きました。上海なんかは海辺の都市なのでこんなに気温が高くなるとは思いませんでした。そういえば1999年に初めて上海に行った時も死ぬほど暑かったことを思い出しました。
 上海は冬は九州あたりよりも寒くなり、雪も降るほど寒くなります。面白い街ですが物価もすでに台北よりも高いし、気温もこうであればそうとう住みにくい街になってしまったかもしれません。2007年以降訪れてないので、ちょっと行ってみたいですが、物価がそうとう上がっているそうなので無理です。

台湾の気温が反映されていない図

 上の中国中央気象台の地図を見て気付きましたが、台湾の気温がまったく反映されていません。台湾も38度あったので赤くなっていなければおかしいのですが。中国は台湾を中国の一部だと常々主張していますが、こういうところを見るとツメが甘いというか。

中国北方では豪雨で洪水

 中国の長江流域で大洪水が起きていましたが、今は北方でも大洪水となっているようです。
www.koutetsuteki.com

 砂漠化が進む北京付近で雨が降るというのは良いことでもありますが、急に降りすぎて北京の街のいたるところで冠水しているようです。
 市内のいたるところが水に沈む中、北京の故宮博物院はビクともしてないとのこと。中国人は数百年前の故宮の排水設備の凄さにおどろいています。

スポンサーリンク

故宮物語 政治の縮図、文化の象徴を語る90話

故宮物語 政治の縮図、文化の象徴を語る90話

 中国・台湾で続いていた猛暑ですが8月からほんのすこしだけ収まりそうです。38度以上の高温が5日連続でつづくという120年に渡る観測史上で初めての酷暑でしたが、31日は34度でずいぶん過ごしやすい感じがしました。

www.koutetsuteki.com

 34度で少し涼しいと感じてしまうなんて、自分が信じられません。8月1日は未明から雷を伴う豪雨となりました。雨は嫌いなのですが、今回の雨は本当にありがたいです。ひさびさの涼しい風が吹いてきました。

-中国

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.