「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

デジタル 中国

中国スマートフォンメーカー大手「ファーウェイ(HUAWEI:華為技術)」とZTE中興通訊に多くの部品を提供していた深圳福昌電子が突如倒産。中国IT企業に立ち込める暗雲

投稿日:

 中国の景気減速が止まりません。中国のスマートフォンメーカーの大手ファーウェイ(HUAWEI:華為技術)とZTE中興通訊に携帯電話の部品を提供していた深圳福昌電子が突如倒産し、従業員4,000人以上が路頭に迷うことになりました。

f:id:kotobuku:20151011024427j:plain

好調そうに見えた中国の携帯電話企業

 中国大陸で好調だったサムスンのスマホが減速し、低価格で性能の良いファーウェイ(HUAWEI:華為技術)のスマートフォンがシェアを伸ばしています。デザイン的にも機能的にも高価格帯に迫るファーウェイは敵なしと思われていました。日本でもその安さとコストパフォーマンスの良さから人気なようです。

 しかし、ここへ来てスマートフォンの部品を供給する会社が続々と倒産、もしくは生産を停止させています。世界的にもうスマートフォンはコモディティ化しすぎて供給過剰なのかもしれません。

スポンサーリンク

ファーウェイ、レノボ等中華製ハードは悪意あるスパイウェアがプリインストールされている

 日本でもニュースとなっていましたが、ファーウェイやレノボなどの中国メーカーのハードには、情報が勝手に抜き取られるスパイウェアが入っています。政治的・経済的に重大な問題が漏れかねないと台湾でも大問題になっていました。そのため一時台湾でも人気を博していたファーウェイのスマホは現在ほとんど見なくなりました。みんなAppleか台湾メーカーのASUSかHTCを使っています。レノボも一時台湾で攻勢をかけていましたが、今はあまり見なくなりました。
 こうした危険性が周知されたこともあり、中国メーカーのものは世界的に売れなくなっているのかもしれません。

www.epochtimes.com.tw

 習近平は不動産価格と株価の暴落にもめげず、著しい成長を遂げているIT企業の発展に一縷の望みを託しているようです。しかし、IT企業の中心地である深圳の工場が倒産や操業停止を続けている現状を見ると、その望みも潰えてしまいそうです。

-デジタル, 中国

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.