「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

中国

深刻化する中国長江大洪水の被害。流域の都市は冠水、駅にも浸水し交通は麻痺。大学は休校、すべての活動を休止。中国人は「天災ではなく人災」と激怒。貯水能力のない手抜き工事のダム。

投稿日:

 中国最大の河川・長江の大洪水の被害がさらに拡大しています。中国各地で深刻な状況を伝える写真がアップされています。

水しぶきを上げるバス

f:id:kotobuku:20160707160612j:plain

 長江流域の都市は完全に冠水しつつあります。こんな中でもバスは水しぶきを上げながら運行中。台湾も冠水の中、水上スキーのようにスクーターを運転する人はいますが中国のバスも運休しないようです。
 バスの床の上まで水に浸かっているので、乗客は足を上げて乗っていました。こんな状態で運行して、エンジンとか電気系統は大丈夫なのでしょうか?

駅はもっと酷いことに

f:id:kotobuku:20160707160613j:plain



f:id:kotobuku:20160707160608j:plain

 地下鉄の駅や鉄道の駅にも浸水して、完全に交通が麻痺しています。流通ルートも完全に断絶されつつあるので、経済活動にも甚大な被害が発生するでしょう。

大学も巨大な池に変貌、休校に。

 長江流域で洪水の酷い地域の大学は休校となり、すべての活動を休止しました。
 寮に住んでいる学生は、机を橋にして移動しています。

f:id:kotobuku:20160707160610j:plain

スポンサーリンク

 しかたなく泳いで移動する学生も。
f:id:kotobuku:20160707160609j:plain

 台湾でも豪雨で冠水した校内を泳いでネタにしている学生がいましたが、水の中に何があるかわからないし、コレラとか水が媒介となる感染症の危険もあります。

濁水が迫る

 窓をしめていますが、窓の隙間からどんどん浸水しています。
f:id:kotobuku:20160707160611j:plain
 絶望的な状況です。

これは人災なのか天災なのか

f:id:kotobuku:20160707160614p:plain
長江水位全線超警 怒民:水利官滾出來!(組圖) - 看中國 secretchina.com

 自然の猛威に驚くしか無いのですが、中国人の中から天災ではなく人災ではないかと怒りの声が上がっています。
 中国はダムをたくさん作ってきましたが、中国お得意の「オカラ工事(手抜き工事)」ばかりで、貯水能力があまり無いそうです。水を溜めすぎると決壊してしまいそうなので水を貯められないという意味の無さ。
 さらに三峡ダムに代表されるように、貯水というよりも水力発電に重きを置いているため、洪水の際には対して役に立たないとのこと。
 1931年の長江大洪水の際には堤防決壊で数十万人が一瞬で水死という悲劇が起こりました。今回の洪水でも手抜き工事のダム決壊というような大事故が起こらないと良いのですが。

迫る「最強」で「猛烈な」台風1号

 タイミング悪く、1号としては史上最強の「猛烈な」台風が迫っています。
www.koutetsuteki.com

 長江流域ではすでに1998年の大洪水を超える降雨量となっているところもあり、1年の降水量の44パーセントが集中しているところもあります。
 さらに台風1号による豪雨が加われば、被害がどこまで拡大するか分かりません。今後の推移を注視する必要があります。

-中国

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.