「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

マンガ 台湾

『暗殺教室 16巻』読了。殺せんせー誕生の謎、月が吹き飛んだ謎などが明らかに。物語はついに大詰めに。

投稿日:

 マンガ『暗殺教室』16巻を読みました。殺せんせー誕生の謎も、月が吹き飛んだ謎も明らかになり、物語はついに大詰めに向かいます。

前巻から続くシリアス展開

 前巻から続き、シリアスな展開が続きますが、ところどころにギャグを忘れないところにサービス精神を感じるとともに、物語が重くなり過ぎないようにしている配慮を感じます。

殺せんせーの教育論の源

 外国で教育に携わるものとして、殺せんせーの教育の仕方にはいつも感心させられるのですが、その教育論がどう培われてきたかも語られています。
 殺せんせーの教育論は正直、理想論ですが、その理想は忘れてはいけないかなと反省しました。

スポンサーリンク

 嵐の二宮和也が映画版で殺せんせーを演じたということで、台湾でも人気が出てきている『暗殺教室』、つづきが楽しみです。

-マンガ, 台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.