鋼鉄的

台湾、中国、香港のお話

台湾

デング熱の感染者、1万6074人となり過去最多。デング熱による死者も42人で過去最多。政府は長袖・長ズボンの着用を呼びかける。

投稿日:

 台湾のデング熱流行が収まらず、感染者数が1万6,074人となり過去最多となりました。

http://www.flickr.com/photos/56598064@N06/5283441969

デング熱感染による死者も過去最多の42人

 感染者のほとんどは回復していますが、重症化し死亡した患者は42人となり、過去最多です。現在、重症化した51人がICU(集中治療室)で治療中とのこと。

感染者の98.8%が南部の台南市、高雄市、屏東市に集中

 今回のデング熱感染は南部に偏っており、台南・高雄・屏東でほぼ99%となっています。私の同業者の日本人もデング熱に感染し、仕事を休まざるを得なくなりました。その人は高熱が出たので病院へ行くとまずインフルエンザと診断されましたが、その後の検査でデング熱感染が確定しました。

スポンサーリンク

台湾は週末、中秋節に突入。帰省したひとのUターンで感染が拡大する恐れ

 明後日27日は「中秋節(中秋の名月)」で、多くの人が家族と過ごすため帰省します。そして台湾には中秋節に野外でバーベキューする習慣があり、外で蚊に刺されることが多く、デング熱の感染がさらに拡大するかもしれません。帰省先の南部で感染し、北部にUターンした人から北部でも感染が拡大する可能性もあります。

政府はデング熱対策として、長ズボン・長袖の着用を呼びかけるが暑すぎて無理

 政府はデング熱対策として、殺虫剤をまいたり、水たまりを極力なくすようにしています。そして蚊に刺されないために長袖・長ズボンの着用を呼びかけていますが、台湾の人はやはり半袖半ズボン、上半身裸で過ごしています。
 職業柄、私はいつも長袖のシャツと長ズボンですが、9月末でも30度以上、湿度は80%以上という台湾でこの格好はちょっとした拷問のようなものです。

2015登革熱-長袖襯衫+西裝褲 賴清德防蚊標準裝扮-民視新聞

 温暖化の影響で、台北は秋になってもあまり気温が下がりません。台湾南部は熱帯のため、日本のような秋・冬がそもそもありません。デング熱の感染者はまだまだ増えそうです。

-台湾

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.