鋼鉄的

台湾、中国、香港のお話

ブログ

転んで手を怪我したので音声入力でブログを書いてみた。勝間和代氏が言うように楽かも

投稿日:

 浴室と厨房を合わせた部屋から外に出たとき、 滑って転んで手を打ちました。

親指の付け根がかなり腫れる

転んで打って腫れた右手

 写真のように親指の付け根の所を打って出血しました。

かなり腫れています。 腫れているというか、これ骨がずれた? かなり痛いです。

電気鍋大破

 どうしてこんな変なところから着地してしまったのかというと、それは大同の電気鍋を持っていたからです。

電気鍋は取っ手が2つとも吹っ飛んでしまいました。 機能自体には問題なさそうですが、利便性がかなり損なわれてしまいました。 持ったとき熱いだろうから雑巾とかを常に使わなければならないめんどくささ。

電気鍋は5,000円くらいして、物価の安い台湾では結構なお値段なのですが。

 転んだとき蚊を駆除する装置も巻き込んでぶっ壊れてしまったので、 買い直さなければなりません。

台湾は最近真夏の天気で夜になると蚊が猖獗を極めます。蚊を駆除する装置がないのは地味に痛い。

手を怪我したので音声入力してみた

 そんなことより、 転んで打った手の方が心配です。 よりにもよって右手の怪我。 文字を書いたり文字を売ったりする商売なので、 右手に支障が出れば収入に直結してしまいます。

iPhoneの音声認識装置

だから今は、フリック入力ではなくて、 IOSのアプリの音声入力装置というのを使って書いてみています。 標準のSiriとは違って誤入力の確率はかなり低いですがやはり修正の必要はありますが。

スポンサーリンク

勝間和代氏の影響

なぜ音声認識入力を始めてみようと思ったかは、 勝間和代が本格的に音声入力に移行していたから。

勝間和代氏はドラゴンスピーチ11

勝間和代氏はWindowsのドラゴンスピーチ11を使っているようです。 私も導入してみましたがいちいちUSBの高性能マイクをパソコンに接続しなければならないのでちょっと面倒です。

それに比べて、このiPhoneの音声入力装置は、配布を1つで音声入力ができるので敷居が低いです。 音声認識のエンジンはドラゴンスピーチと同じものを使っているので変換精度もかわりません。 ドラゴンスピーチのように個人の癖とかを登録できたり、よく使う単語や定型文を登録する機能はありませんが。

iPhoneの音声認識装置は英語、中国語など多言語入力可能

そのかわり音声入力装置のほうは日本語だけではなく英語や中国語など様々な言語で音声入力できる機能も付いています。 試しに中国語入力を使ってみましたが発音が台湾人ほどよくないにもかかわらずそこそこ認識してくれました。

いつもだったら結局キーボードで打ってしまいますが、今日は右手をあまり動かさないほうがよさそうなので音声認識オンリーで書いてみていますが実際にかかる労力としてはキーボードで打つのと音声入力をするのとあまり変わらないかも。

音声認識装置 : このディクテーションアプリを使って自分の声を文字に起こしましょう。 - Anfasoft

これからは積極的に 音声入力で書いてみようと思います。というか、ここ数日は音声入力にせざるを得ません。

台湾の救急病院はかなり安い

 音声入力のすごさに感動している場合じゃなくて今痛い右手をどうしようかちょっと思案しています。。 今は痛み止めのために白花油をつけています。 そんなに痛みはなくて指を動かす時にも支障は無いようですがかなり腫れているのがちょっとこわいです。

もしかなり痛くなるようなら病院へ行ってみようと思います。 あいにく土曜日で明日は普通の病院はあいていません

台湾でも休日にやっている救急病院は普通に病院に行くより高いです。 しかし、日本円にすると大体1,500円ぐらい。 台湾の健康保険を持っているとこれくらい安くなるのです。

何事もなければいいのだけれど。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ブログ
-, ,

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.