「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

台湾

まもなく開通する北海道新幹線と延期ばかりで一向に開通しない台湾桃園空港MRTの比較の表が話題になり、台湾人ため息。

投稿日:

 北海道新幹線が3月26日開業します。台湾でも大々的にニュースとなり、あちこちで「北海道新幹線に乗ろうツアー」の宣伝を見ます。
 もともと台湾人は北海道好きで、夏は避暑のために、冬は雪を見るためにたくさんの人が訪れていましたが、北海道新幹線開通でさらに台湾における北海道人気が加熱しそうです。

同じくらいの時期に工事を開始した桃園空港MRTと比較される

 北海道新幹線と同じくらいの時期に工事が始まった桃園空港MRTは6度の延期を経て、未だ開業する見通しもついていません。
 桃園市の市議である王浩宇が北海道新幹線と桃園空港MRTを比較した表を作り、それを見た多くの台湾人が憤っています。

f:id:kotobuku:20160323223629j:plain

スポンサーリンク

 工事が遅いだけでなく、最高時速や距離も北海道が大幅に優っているにもかかわらず、工事費はなんと桃園空港MRTのほうが高いのです。 台湾人たちは「自分たちの税金が無駄に費やされている」と怒っています。
 北海道新幹線は在来線の施設を元に作っている(?)からイチから作っている桃園MRTより安いのは当たり前という台湾鉄オタからの指摘もあるようですが、それにしても桃園空港MRTの工費は高いです。何年も延期している間の人件費の負担がものすごいのだとおもいます。

-台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.