「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

マンガ

奥浩哉『いぬやしき』第6巻読了。一度は改心しかけた獅子神と日本の全警察との抗争と、不敵な宣戦布告。主人公の機能不全家族の今後も気になる。

投稿日:

 奥浩哉『いぬやしき』第6巻を読みました。一度は改心しかけた獅子神と日本の全警察との戦いと、不敵な宣戦布告。物語はほとんど進みませんが、迫力ある巻でした。

いぬやしき(6) (イブニングコミックス)

いぬやしき(6) (イブニングコミックス)

スポンサーリンク

 主人公である犬屋敷と獅子神の、機械化した身体の秘密とかはぜんぜん明らかになりません。同じ作者の『GANTZ』初期のような不気味な謎が残り続け、緊張感ある展開です。
 『GANTZ』の場合、謎が明かされてしまった時、拍子抜けしてしまった感があるので、『いぬやしき』では下手な理由付けはしないでほしいものですが、そうなるとネットでは不完全だとか叩かれてしまうのかもしれません。

 突然宇宙人によって機械化された者同士のアクション漫画になるのでしょうが、主人公の機能不全家族が事件を機に今後どのように推移していくのかも気になるところです。

-マンガ

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.