「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

中国 台湾

上海で日本語教育関連の女性がスパイ容疑として中国当局に拘束される。これで4人目。習近平政権の中国に渡航するのは危険過ぎるので、行かないことにした。

投稿日:

 また中国で日本人がスパイ容疑で捕まってしまったようです。これで4人目、しかも私と同業者の日本語教育関連の人ということで脅威を感じています。

http://www.flickr.com/photos/47519867@N07/6187933075

上海で日本語教育関連の女性が逮捕される

 今回明らかとなったのは、東京の日本語学校の女性が中国当局に逮捕されていたということです。これまでスパイ容疑で逮捕されていた日本人は元脱北者や、ビジネス関連の人でしたが、教育関連の人まで逮捕されてしまうとは。同じ日本語教育に携わる者として、中国に渡るのは危険が多すぎると気付かされました。
 中国には2007年以降行っていないので懐かしく、香港経由で深センにでも遊びに行ってみたいなと思っていましたが、やめておいたほうが良さそうです。

mainichi.jp

習近平政権になってからなりふり構わない中国

 今までの中国政権では江沢民が突出して反日的でしたが、ここまではしませんでした。尖閣諸島にしても中国からアクションを起こし始めたのは習近平からだったと思いますし、不確実な理由で日本人を長期拘束するということも習近平からです。
 台湾は来年、反中国的な民進党の蔡英文に政権が移ることが確実視されていますが、その時習近平がどのようなアクションを起こすか不安です。中国に進出している台湾企業は日本の比ではないほど多いし、台湾人も数多く中国に滞在しています。それらの企業や人々が人質とするくらい、習近平はやりかねません。

-中国, 台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.