台湾・中国・香港の話題

鋼鉄的

読書ノート

本日12月3日までAmazon・Kindleで『【半額】早川書房創立70周年記念 国内作家作品キャンペーン』開催中。伊藤計劃は60%引き、さらに20%のポイント還元

投稿日:

 本日12月3日までAmazonで【半額】早川書房創立70周年記念 国内作家作品キャンペーンをやってます。
 国内SFの名作の数々のKindle版が半額以下のお得な値段で買えます。

伊藤計劃は60%引き、さらに20%のポイント還元

 伊藤計劃の小説は最近アニメ映画になったそうですが、絶対小説で読んだほうがいいと思います。とても映像化できない描写満載ですので。
私は伊藤計劃が亡くなってからこの作家の小説を読んだのですが、早逝したからむやみと高く評価されているのでは?と半信半疑で読み始めました。
 『虐殺器官』はバトル物のSFながら、言語学者チョムスキーの言語器官説が重要なファクターとして出てきます。小説として面白いのはもちろんのこと、哲学的に考えても面白いです。

虐殺器官 ハヤカワ文庫JA

虐殺器官 ハヤカワ文庫JA

 『ハーモニー』は『虐殺器官』の後の世界の話で、言語についての考察が更に深まっています。感情とは何かという現代の認知科学の大問題にまでも踏み込んでいます。

ハーモニー ハヤカワ文庫JA

ハーモニー ハヤカワ文庫JA

スポンサーリンク

 日本語教師でありながら、言語学にそれほど興味を持っていなかったというか、いくら言語学の本を読んでもぜんぜんわからないし、面白くなかったのですが、伊藤計劃の小説を読んだ後、言語学もおもしろそうだと思うようになりました。

 『The Indifference Engine』は伊藤計劃の短編集。これはまだ未読なので買いました。週末にゆっくり読もうと思います。

The Indifference Engine

The Indifference Engine

【半額】早川書房創立70周年記念 国内作家作品キャンペーン 12月3日まで

-読書ノート

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.