「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

マンガ

松井優征『暗殺教室』18巻 読了。落ちこぼれ達、ついに宇宙へ。バレンタインイベントなどを挟みつつ、ラストへ向けて緊迫感が増す展開に。

投稿日:

 松井優征『暗殺教室』18巻を読みました。落ちこぼれだったクラスの生徒たちが暗殺の技術と心得を通してすっかり成長して、ついに宇宙へ。
 ラストへ向けて物語は加速して緊迫感が増していきますが、バレンタインイベントを通して各生徒のハートフルなエピソードも差し挟まれて、絶妙なアクセントで読ませます。
 やっとクラスの各生徒のキャラクターとか個性とかがハッキリと分かり始めて、親近感を抱き始めてきたのに、もう終わってしまうというのは寂しいです。

暗殺教室 18 (ジャンプコミックスDIGITAL)

暗殺教室 18 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 この漫画にかぎらず、最近始まったジャンプの漫画は、20巻前後で手際よくまとめるというのがデフォルトになっているのかもしれませんが、クリスマス・新年などが本当に駆け足で終わってしまうのはかなりもったいない気がします。最近の漫画読みは物語がぜんぜん進まない巻があると、アマゾンとかに酷い評価をつけるので、その対策かもしれません。

[asin:B01CJ8NK20:detail]

 生徒との文字通り命を張った教育は「夜回り先生」と同じく、普通の教師にできるものではありませんが、凡教師の自分にとってもいろいろ考えさせられることが多いです。

-マンガ

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.