「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

ゲーム

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)台湾での発売はいつ?リージョンロックがかかっていないため、日本版やアメリカ版の並行輸入品が出回っているが、正式発売が待ち遠しい

投稿日:2017-03-04 更新日:

 日本では昨日3月3日にNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)が発売されました。

台湾での発売は未定?

 3月3日のNintendo switch(ニンテンドースイッチ)発売日には日本に加えて、アメリカと香港で発売されました。台湾での発売はまだアナウンスされていないようです。
 しかし、同じ任天堂のWii UやNintendo 3DSは香港の任天堂が台湾とマカオの販売を対応していたそうなので、香港の任天堂で在庫が潤沢に確保できれば台湾でも買えるようになるかと思います。

 台湾の一部のゲームショップなどではすでに予約を取り始めているところもあるようです。

リージョンフリーだから、日本版を買っても台湾で遊べる

 Nintendo 3DSにはリージョンロックがかかっており、日本の3DS本体を買っても台湾の中国語版ゲームは遊べないし、台湾の3DS本体を買っても日本語版ゲームを遊ぶことができませんでした。

 しかし、NINTENDO SWITCH(ニンテンドースイッチ)はリージョンロックがかかっていないリージョンフリーとなるため、台湾の人が日本やアメリカでNINTENDO SWITCH(ニンテンドースイッチ)を買っても、ゲームが遊べないということはなくなります。

 すでに台湾のオークションサイトなどでは日本版か北米版と思われるNINTENDO SWITCH(ニンテンドースイッチ)が6万円から7万円という高値で取引きされてます。台湾でも転売ヤーがはびこっています。

Wii、Nintendo 3DSのリージョンロック戦略は大失敗

 Nintendo 3DSのリージョンロックは台湾において、大失敗でした。台湾の街のゲーム屋を見ても、売っているゲームは日本語版ばかり。そして日本版の3DS本体が日本より割高で売られていました。

 なぜこうなったのかというと、3DSのソフトが中国語版にローカライズされるとは限らないということが大きいと思います。遊びたいゲームがあっても、中国語版が出ていないため遊べず、日本語版を買って遊ぼうと思ってもリージョンロックがかかっているため、遊べないという悲劇が起こりました。

 あと、台湾は日本語ができる人が多いので、日本語版をあえて遊びたいという人もたくさんいます。日本語の学習のためにゲームをしているため、そういう人はゲームをしているだけで日本語ができるようになっていまうという猛者もいます。

 また、中国語版を買った場合、ネットが過疎化して寂しい思いをすると言っている人もいました。日本人とオンラインでプレイしたいという台湾人もたくさんいます。

スポンサーリンク

 DVDやブルーレイにはリージョンロックがかかっていて、それは国によって販売価格が大きく違うから百歩譲って理屈は理解できるとしても、ゲームにリージョンロックをかけるというのは全く意味が分かりません。

 ゲームは国によってそんなに価格がかわるわけではないし、むしろローカライズに手間がかかるのと、流通量に差があるため、日本語版より中国語版が高いこともしばしばです。

 ソニーのPlay stationは一貫してゲームにはリージョンロックをかけておらず、台湾でも大成功しています。

Nintendo 64 以来約20年ぶりに買いたい任天堂据え置き機

 私は幼稚園の頃、ファミコンを買ってもらって以来、スーパーファミコン→Nintendo 64と任天堂の据え置きハードを使い続けてきましたが、その後はプレイステーションに移行してしまいました。

 今もPS3を持っていて、PS4はそのうち買いたいと思っているのですが、据え置き機は起動するのがめんどうくさいうえ、どっしり腰を据えてゲームをする集中力がもうなくなってしまったため、ほとんど起動していません。だから今ゲームをするといえばPS Vitaか、スマホかiPadに移植されたゲームをするぐらいです。

 そういう状況なので、携帯機としても据え置き機としても遊べて値段もお手頃なNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)はかなり魅力的です。1996年に発売されたNINTENDO 64以来、約20年ぶりにNINTENDO 据え置き機(というか携帯機+据え置き機のハイブリッド)を買おうと思いました。

 とくにNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)本体と同時に発売された『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』はかなり面白そうです。ファミ通のレビューで満点、海外のレビューでも軒並み高得点。

 本体がまだまだ品薄なのでいつ台湾まで出回るか分かりませんが、、

 Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)が発表された時は、否定的な報道ばかりでしたが、アメリカや台湾の反応を見ているとやっぱり任天堂は強いです。

-ゲーム

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.