「鋼鉄的日記」

台北から現地ニュースや生活情報をお届け

中国 台湾

パナマ文書により、習近平・毛沢東・胡耀邦など大物共産党幹部の不正が明らかになる。薄煕来とその妻・谷開来の英国人殺害の真相も浮き彫りに。ジャッキー・チェン等の芸能人もタックスヘイブン利用。

投稿日:

 パナマ文書によって、本来納めるべき税金を払っていなかった悪徳企業や個人の所業が明るみに出つつありますが、中国では共産党幹部及び芸能人が多数関わっており、炎上し続けています。

http://www.flickr.com/photos/70365734@N00/102409193
photo by towodo

 現中国国家主席である習近平が租税回避のための会社を持っていたと明らかになりましたが、毛沢東や胡耀邦などの幹部の親族もタックスヘイブンを経由し巨額の脱税をしている模様です。

巴拿馬文件 毛澤東胡耀邦親屬也捲入 | 重點新聞 | 中央社即時新聞 CNA NEWS

 ジャッキー・チェンなどの有名芸能人も名を連ねています。ジャッキー・チェンは中国共産党寄りの発言を繰り返し、声望を失いつつありましたが、この事件で完全に真っ黒ということがわかり、残念です。

巴拿馬文件風暴 陸政商影藝人士都有份 | 重點新聞 | 中央社即時新聞 CNA NEWS

 また前重慶市市長で現在服役中の薄煕来とその妻・谷開来も関わっており、英国人実業家のニール・ヘイウッドを殺害した事件の真相もパナマ文書によって浮き彫りにされました。
 谷開来がニール・ヘイウッドを殺したのは、ニールが薄煕来一族の租税回避をバラすと脅したため、窮地に陥った谷開来が手を下したのだそうです。

スポンサーリンク

巴拿馬文件 揭谷開來殺海伍德內幕 | 兩岸 | 中央社即時新聞 CNA NEWS

 中国は「パナマ文書」をネットで検索できないようにして情報統制しようとしていますが、それがいつまで続くでしょうか。

 最近、宮城谷昌光の『三国志』を読んでいますが、1,2巻で描かれる後漢王朝の衰亡ぶりと無茶苦茶さが現在の中国共産党とオーバーラップしているような気がします。

合本 三国志【文春e-Books】

合本 三国志【文春e-Books】

 台湾も中国に勝るとも劣らぬ混乱を引き起こしています。台湾は報道の規制もないし、政府も毅然とした態度で対処すると声明を出しているのでこれから多くの金持ちが訴追されそうです。台湾についてはまた別記事でまとめます。

-中国, 台湾

Copyright© 「鋼鉄的日記」 , 2017 All Rights Reserved.