鋼鉄的

台湾、中国、香港のお話

台湾

台湾メトロ(MRT)「台北駅」〜「桃園国際空港」直通線の開業が延期。最も早くて来年2016年3月末。馬英九総統、国民党政権時代に間に合わず。

投稿日:

 台北駅から桃園国際空港まで直通で行けるMRT(台北メトロ)の開業が、もっとも早くても来年2016年3月末になると発表されました。

http://www.flickr.com/photos/10209478@N03/16324860002
photo by billy1125

もともとは今年2015年末に開通予定

 馬英九総統は今年中に開通させるといっていましたが、雨漏りと逆走・脱線という事故があったため年内開通は絶望とされていました。
www.koutetsuteki.com

馬英九の任期中、国民党政権時代に間に合わず

 馬英九の任期は来年1月末までです。台湾の総統は二期までしか担当できないため、馬英九の再選はありません。さらに、馬英九の失政により、国民党の支持率もだだ下がりで、野党民進党に政権が移ることが確実視されています。だから馬英九は任期中に是非とも開通させて、自分の手柄にしたかったでしょうが間に合いませんでした。中国だったら不完全な工事でも政権の見栄のため、無理やり開通させてしまうところでしょうが、さすがに台湾ではそれはできないようです。

台湾のメトロ空港線、開業は早くても来年3月末=交通部発表 | 観光 | 中央社フォーカス台湾

スポンサーリンク

日本、中国と比べて遅すぎる台湾の公共工事

 MRTの工事にかぎらず、学校の建物の建設・補修に至るまで、台湾の公共工事は大変遅いです。MRTの建設だけでなく、学校の施設の工期もほぼ必ず延期されるので、いつも不自由な思いをします。いざ工事が終わっても、ヒビが入っていたり不完全だったりします。日本はおろか、中国よりも遅速です。ただ中国はものすごく多くの人が人海戦術で一瞬で建物を建てて、手抜き工事が多いので、速度は遅くても致命的な事故が起きていない台湾のほうが不便でも安心です。

春節(旧正月)の出入国ラッシュには間に合わず

 冬休みの旧正月までに間に合えば、と思いましたが無理でした。1月、2月あたりに一時帰国するのですが、その時もまた不便なバスで移動しなければなりません。

【追記】2017年3月2日正式開業!!

 その後、またさらに延び延びになりましたが、2017年3月2日に正式開業が決定されました。プレ開業中も大きな事故はなく、どうにか運行している模様です。

www.koutetsuteki.com

 正式開業すれば、空港までのアクセスがグッと楽になります。

-台湾

Copyright© 鋼鉄的 , 2017 All Rights Reserved.